スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

エンジンからカラカラ音がするヴェルファイアの修理費用

ヴェルファイアくらいのミニバンだと、
出だしは少し踏まなきゃ進みが悪いものの、
一度加速すると踏み込む必要はないくらい、
安定感のある走りをしてくれますよね。


ハンドルが小さいので操作も意外と楽。


セダンから乗り換えたせいで、
最初は車高に慣れず、凹凸があると
少し揺れる時間が長い感じがしていたものの、
いつしか全く気にならなくなりました。

少し高めだとは思うけど高級ミニバンとして
これといって欠点がないのがヴェルファイア。

良い所はどれも平均以上で
悪い所が見つからなかったものの、
エンジンから何やら異音が。。。


カラカラ


という音が気になるようになり、
信号待ちをしている最中にも、
歩道を歩く人からチラチラ見られるほど。


トランクルームをのぞいてみても、
異物が混入しているような様子はないし、
マフラーが落ちかけているわけでもない。


これはエンジンに何か深刻なトラブルが起きている??


大きな事故になってしまう前に、
近くの修理工場に持って行って、
状態を見てもらったんですが、
その時のことをこのブログにまとめています。





■エンジンオイルが原因

まずエンジンの中の構造についてごく簡単に説明をすると、

・金属部品
・ゴム部品
・エンジンオイル

の3つで構成されています。

金属部品には、バルブタペット、コンロッドメタル、
ベアリングなどがあるんですが、
「カラカラ」とか「ガラガラ」と音が鳴るのは
金属部品同士がこすれあったりぶつかっているんです。


ただ、本来であれば、金属部品の間には適度な隙間が空いているか、
もしくは、間にピストンリングなどのゴム部品をはさむことによって、
直接触れることはないんです。


けれども、エンジン内部を満たしているはずのエンジンオイルが、

・量が減っている
・粘度が低くなっている(水のようにサラサラになっている)


いる場合、金属部品が直接ぶつかってしまうことがあるんです。



さらに、こすれあった金属部品が徐々に摩耗してしまい、
それがエンジンオイルに混ざることでスラッジという
ヘドロのようなドロドロの塊になっていきます。

スラッジが発生するとエンジンオイルの劣化を急速に早め、
金属部品の摩耗がエスカレートしやすくなります。




■オイル交換しても治らない??

オイル交換は定期的にやらなければいけないものです。

目安としては、

・12か月経過
・1万5千キロ走行

のどちらか速いほうのタイミングで変えるべきです。

車に乗る頻度が多い場合には、半年経過もしくは
7,500キロ走行した時点で交換したほうが良いです。


では、カラカラと音が鳴るようになってから、
オイル交換をすれば車の状態はよくなるのかと言うと、
音鳴りは止むかもしれませんが、劣化したエンジン部品が
元に戻ることはありません。


摩耗した金属部品は摩耗したまま。
人間と違って自然治癒することはありません。



スラッジと言うヘドロが発生していた場合、
オイル交換したところでエンジン内にとどまったままです。

エンジンが勝手にエンジンの外に
排出してくれるわけではありません。

オーバーホール(解体修理)をして、
エンジン内にこびりついたスラッジを、
ガリガリと削って落とすしかありません。



■修理費用はどのくらいかかるの?

エンジンのカラカラ音が鳴りっぱなしだと、
窓を閉めていても車内にも音が響きますし、
周りから注目を集めてしまって、恥ずかしいですよね。汗


ただ、放っておくと、エンジンに深刻なダメージを与えることになります。

エンジンが動かなくなってしまうことがあるので、
早目に修理をすべき症状です。

では、修理費用はいったいどのくらいかかるのかと言うと、
エンジンのオーバーホール(解体修理)がほぼ必須になるので、
費用はかなり高額になります。

車の修理の中でもかなり大掛かりな部類に入り、

・エンジンの分解だけで1日
・部品の洗浄研磨で2日
・組み立てに2日

合計4日間。

1日8時間労働として、
1時間毎の手数料(レバレート)は
安いところでも7000円はかかります。

つまり4X8X7000円=224000円

かかることになります。

さらに、腕の良い技術者に対応してもらった場合、
手数料が1万円以上になる可能性もあるので、
そうなると32万円もお金がかかることになります。


これだけ費用が掛かるとなると、
やっぱり考えなければいけないのは、


・修理して乗り続けるのか?
・新しい車に買い替えるのか?

ではないでしょうか。


■車の現在価値を知っておこう

修理してもらうにしても、
新しい車に買い替えるにしても、
まずは自分の車の現在価値を知っておくべきです。


車の価値がわからないまま修理に出した時、
整備業者から「いくらで買い取りますよ?」
と提案されても、それが妥当な金額かどうか、
判断つかないですよね?

もしかしたら、
良心的な価格を出しているかもしれませんが、
逆に、価値のある車を買い叩こうとしている
可能性もあります。


車の売買に関しては相場があるようでない世界です。


一社の見積もりがすべてではなくて、
買取金額に10万円以上も差がつくケースは、
決して珍しいことではないんです。



10年落ちで10万キロ以上走行しているのに、
良い値段で買い取ってくれる業者がいたりするので、
修理をする前に見積もりだけは先に済ませたほうが良いですよ。



■一括見積するのに便利なサイト


僕も実際に使ったこのサイトなんですが、
4つの入力項目と連絡先を簡単に入力すれば、
ざっくりと概算金額を教えてくれます。

1.メーカー
2.車種
3.年式(多少ずれていてもOK)
4.走行距離(多少ずれていてもOK)

その後、具体的な見積金額を
メールもしくは電話の指定した方法で、
複数業者から連絡してもらえます。


スマホでも1分もあれば、
入力できるほど簡単なフォームなので、

ぜひ、今の車の価値を調べておいてください。
↓↓↓








ヴェルファイアの自動車保険の違いは何でしょうか?

自動車保険は、何を基準に選んでいますか?対人、対物の保証が無制限である事、この条件は最低限必要だと思います。あと搭乗者に対しての保証内容、自動車を盗まれた時の盗難補償など、細かく分類すれば、自動車保険は本当に奥が深いものなのです。
保険会社各社の補償内容の違いを知るための、一番簡単な方法があります。それは、自動車保険を取り扱っている会社に対して、保険の見積もりを一括して請求することで、複数の保険会社の保証内容から金額までの違いを比べる事ができるのです。
自動車保険を取り扱っている会社は、実にたくさんあります。しかし、宣伝されている保険会社や、大きな保険会社以外はあまり知られていないと思うので、一括見積を利用して自分の希望に合う保険会社を探してみてはいかかでしょうか?
知らなかった会社でも、こんないい保証があるのだ、と新たに発見することもあるかもしれません。
次に、補償内容ですが、これはあれもこれもと考えてはきりがありません。もし、金額的に余裕があったり、見積もりをしても金額がそう変わらないのであれば、より多くの保証をカバーできる内容であればいいと思いますが、金額を最低限に抑えたければ、対人賠償、対物賠償が無制限というシンプルな内容を選べばいいと思います。
その他の付帯については、ご自身や搭乗者の保証、車両保険なども、有無両方の見積もりを出してもらって決めればいいのです。
あと、免許書の色や、運転する人の年齢、家族だけか誰でもいいのかという運転者限定の有無などでも保証内容は変わってきますので、細かい事でもきちんと考えて、申し込んだ方が賢明のようです。
例えるならば、自動車保険はパズルみたいなものです。パズルのピースが補償内容とするならば、ピースが増えるほどに金額は増すのです。そして、パズルのピースを並べる土台が保険会社なのです。ですから、土台からピースまで選べて、自分で自由に組み立てられるのが自動車保険なのです。
分かりにくい内容があれば、保険会社に問い合わせれば詳しく教えてもらえるでしょう。
しかし、だいたいの保険会社が通販型ですので、ネットで申し込みをした方が安くなる傾向にあります。
問い合わせは電話でしても、最後の申し込みはネットでする方が、お得です。さらに、早く申し込めば早期割引などもしてもらえる会社もあるので、任意保険がまだ残っていると思っても、気になった時は早くてもいいので見積もりだけでもしてみてはどうでしょうか?
時間があれば、たくさんの会社をゆっくり比べて検討して、ちょっとでも安くいい保険に加入することができるでしょう。
その違いは、知らないと分かりません。知ろうとしないと得になりません。ネットをうまく活用して、賢い消費者になりたいものですね。



JUGEMテーマ:車/バイク



1